バンブーヴィレッジ!?

インドネシアバリ島にある自給自足のエコヴィレッジ「グリーンヴィレッジ(Green village)」

インドネシアのバリ島に、すべてが竹で出来ている建築物があります。すべてが竹で出来ている建築物はひとつではなく、「自然と人との共生」を柱としたひとつのコミュニティとしての村となっており、そのコミュニティは「会社」「学校」「図書館」「食堂」「寄宿舎」「ゲストハウス」からなっています。

グリーンヴィレッジ(Green village)は、環境問題にも配慮しており、教室は、竹やバリの伝統的な泥壁など環境に配慮した資材で建てられ、運動施設にも可能な限り環境負荷の低いものを使用し、キャンパス内の建物は水力、バイオディーゼルなど、再生可能なエネルギーで自給自足をしているとのことです。また、広大なキャンパス(校内)には池、野菜畑、庭園があり、米、野菜、果物からサトウキビ、チョコレートまで栽培され、魚や家畜が飼育されています。

GV-masterplan-2012_b

グリーンヴィレッジ(Green village)全体図です。その広さは全体で10万㎡、なんと東京ドーム2個分にもなるそうです。

greenvillage001_interior

建物から家具にいたるまで考えられるありとあらゆるすべてのものが竹で出来ています。

greenvillage002_interior

これらの椅子ももちろん竹。素材を生かしたつくりがバリという土地にあいますね。

greenvillage_003_interior

建物を竹にすることには主に8つのメリットがあるようです。そのメリットとは

  1. 竹は、生長が早く簡単に栽培できる。熱帯のバリ島では、3~5年で25m~35mほどに成長し、建材として利用できる
  2. 同じ重さの鉄や鉛よりも強度がある
  3. 弾力性、耐久性に優れ、日本の原爆投下後、最初に蘇生した植物と言われている、
  4. 抗菌作用があり、悪臭防止になる
  5. コットンと比べて倍の吸水性がある
  6. アジアでは、竹は神秘的な植物として考えられている
  7. 窒素固定能力により、土壌の肥沃度を増進させ、排水の浄化も行う
  8. 繊維、紙、燃料としてもつかえ、余すところなく活用できる

とのこと。

greenvillage005_interior

素晴らしいですね。

greenvillage004_interior

こちらは洗面所でしょうか。

greenvillageint_001-Medium

全体的に開放的なつくりとなっています。

greenvillageint_004-Medium1

これも竹。おしゃれなバンブーチェアーです。

 

注文住宅、家づくりのことならONE PROJECT